toggle
2017-03-10

【初体験】クラウドファンディングにも動画の波が来てるんだってよ

ヨーロッパの街並み

 

昨今、よく話題に上がってる

「クラウドファンディング」

 

なんだそれ?って人もまだまだいると思うんで簡単に説明すると、「新しい商品やサービスの開発などにかかる費用の一部を、一般の人たちに支援してもらい。その支援してくれた人たちにはそれ相応のバックをする」って仕組みで。

 

そのサービス説明の映像を今回制作させてもらったんですよ。

(自分自身、クラウドファンディングで支援を呼びかけたこともなければ、支援する側に回ったことないんだけど。笑)

 

で。色々とクラウドファンディングで使われてる映像を調べてみると、アメリカの「kickstarter」なんかはほとんどの紹介に映像が使われててびっくりしたな。

 

さすがアメリカーン。

気合の入れようが違うぜ。笑

 

日本だったら、今回のそのクラウドファンディングで使用してるサイバーエージェントが運営してる「Makuake」とか、キングコングの西野さんが使った事で有名な「CAMPFIRE」ってのが人気やね。

 

ただ業界で流れてる情報では、クラウドファンディングの土俵においても動画マーケティングがかなり注目されてるって聞いていたけど、自分がチェックした限りでは、日本のクラウドファンディングの動画掲載数は、アメリカのと比べるとまだ少し少ない印象を受けるかな。あっても海外モノやったりするのが多かったかな。

 

 

まぁアメリカの現在が日本の10年後って言われてるだけに、まだ現時点の日本ではクラウドファンディングで映像を使うのって主流って程でもないんかも。ただ、かなり「波は来てる」印象はあったかな。なぜって、映像制作をしっかりとしてる日本発のモノも多数あって、それがほとんど成功してたんよな。しっかり手間をかけて作られてるサービスの方が応援したくなるからって事もあるんかも。

 

やっぱりドウガハスゴイ。

(俺が作ったわけでもないのにドヤ顔。笑)

 

で。まぁ個人的にクラウドファンディングの動画の特徴を考察すると、基本的には商品・サービスの一般的なPR動画とたいして変わらへんかなと。んで全体的にストレートな表現が多かったかな。やっぱり一発かましたい時は、直球勝負ですね。

 

「想い」を伝えるのに変化球はいらん所は恋愛とよう似てますわ。

(なに言うてんねん。笑)

 

とまぁ、そんなこんなで撮影し完成したのがコチラです。

 

■世界で一つだけのオリジナルBOXを、愛犬に。ナチュラルドッグフードやプレミアムドッグフードと犬用おやつを詰め合わせた、愛犬だけのオリジナルBOXを作りませんか?飼...

 

で。このリンク先にある動画を制作したんだけど。

実は、ここで人生で初の試みをしたんだぜ。

 

それは「グラフィックデザイン」を動画内に入れてアニメーションで動かすというやつ。どうだ。すげーだろ。笑

 

でも、アニメーションの方はあんまり慣れてないから中々苦労したんだぜ。

 

 

こんな感じで、Motion5ってアプリを使って必死にやりましたよ。

インタビューの音声内容とグラフィックの動きをリンクさせるのが、中々難しくて何度も失敗したなー。笑

 

基本的に実写の映像制作は「あるもの」を演技やらで生かしながら、上手く撮影して素材化するんだけど。アニメーションの場合は、0から全て作り上げるから中々大変なのね。

 

実は、完成品に到るまでに10以上のアニメーション案が散っていった。笑

 

でも最終的にはバッチバチやったりましたわ。アニメーション制作スキルも、3→5くらいにバカ上がりですわ。もうヤムチャから天津飯くらいにバカ上がりっすわ。気功砲打てるんだぜ。一発で死にかけるけど。

 

(て、天津飯ナメンナヨ。。。笑)

 

とまぁ冗談はさておき。。笑

最後は「やっぱりシンプルが一番」って所に落ち着いたね。

 

アニメーションにも俄然興味が湧いてきた制作案件でしたわ。

 

グラフィックを制作してくれた盟友のデザイナーさんも有難う。

今後はこういう映像作品も増やしていきたいね。

(次はクリリン目指して。。。。。笑)

 

肝心のクラウドファンディングの結果は、まだ現時点では完全には出ていないらしいけど、公開して約6時間で設定金額を超えて「Success」したらしい。すごいな。笑

その一端を自分が担えた事は本当に嬉しいな。

 





関連記事