toggle
2017-05-01

ガチのアイドルと初仕事!「仮面女子」って知ってます?

幸せそうな観客

 

「今、マネージャーさんからの連絡待ちです!」

 

今回、お仕事を依頼してくれた
(株)Nolemの社員さんがこんな事を言いだした。

 

俺(ん?マネージャー?なんだそれ?なんやったけそれ?)

 

Nolem社員さん(以下N)「今回の写真撮影はアイドルの子が来てくれます!」

 

俺(マジか。アイドルって、あの歌って踊るアレか?え、マジか。)

 

N「仮面女子ってアイドルの子が来てくれます!」

 

俺「カ、カメンジョシ・・・・?」
心の声(な、なんや?SM的なアレか?アレをアレするやつか?夜のアイドルか?)


失礼しました。。。笑
(仮面女子とそのファンの皆様すみません。私が無知でスケベなだけです。。)

 

恥ずかしながらもアイドルって存在に対して、
全くもって無知な俺にはその「仮面女子」の名前は知らなかった。笑
でも、聞いてみるとかなり有名なアイドルって事を知ってびっくり。
俺の友人にも普通にファンがおった。笑

 

「マ、マジですやん。。。。」
そんな事を思いながら撮影当日を迎えたのです。

 

ちなみに、今回の仕事は「商材写真撮影」です。
先日、自分も映像制作させていただいたNolemさんの新サービスの『NOLEBO』。そのWEBなどに使用する為の素材集めに行ってきました。
(映像作家って言いながらも、写真撮影のお仕事もたまにいただくのだよ。だから、写真の勉強もしなくちゃいけないんだよ。オラ頑張るだ。)

 

アイドル登場

 

「初めまして、仮面女子の五比桐美憂です!」

 

門井建。齢28にして初のアイドルとのご対面を果たす。
マネージャーさんとも挨拶を交わし、撮影がスタートするのだった。

 

そして、撮影も順調に行き。天性の才能を発揮した俺は、気がつけば仮面女子の中で踊っていた。そう、俺も気がつけばアイドルになっていたのだ。ステージの上で踊る毎日。カメラを握っていた俺は、いつのまにかそれはマイクに変わっていた。心地の良い汗。仲間たちとの絆。魂の解放。

 

いつしか俺は虜になっていた。自分にではなく、アイドルという華やかな世界に。そこに舞う美しい蝶たちに。しかし、俺は気づいていなかった。いや、今思うと最初から気づいていたのかもしれない。仮面では隠しきれない、俺のヒゲに。衣装では隠しきれない俺の体毛に。そして何より、自分という存在の愚かさに。アイドルという仮面では誤魔化しきれない、己という悪しき素顔に自分は飲み込まれてしまっていたのだ。

 

そして、俺は誰に惜しまれる事もなくマイクを置いた。そうだ、海の見える街で小さくてもいい喫茶店でもやろう。そこで己という存在そのものを見つめ直そう。そう思い立ち、彼は事務所の扉を開けて、とりあえずコンビニへ行ったのであった。

という話は全部ウソで。撮影もホンマに順調に行きました。笑
素敵な可愛らしい五比桐さんと愛犬ノワちゃんとの撮影会は、滞りなく、何の問題もなく終わりを迎えることができました。

 

 

いや真面目な話、五比桐さんのプロフェッショナルな姿勢には驚いたな。マジで。睡眠時間もロクに取れてなかったみたいやのに、俺が要求する細かい指示にも嫌な顔1つせずに聞いてくれて。しかも、三時間くらい引っ張り回したのに。ほんまに仕事がしやすくて助かりました。愛犬のノワちゃんも落ち着いてて、無駄に吠えたりしなかったから、余計な体力を消耗ぜずに済んだからよかったよかった。笑

 

撮影でお邪魔した、ドッグカフェ『オッターテイル』のスタッフの皆さんも、急なワガママなどに対応してくださり、ありがとうございました。また美味いティーソーダ飲みに行きます。笑

 

楽しい撮影会でした。

 

五比桐さんのブログに、
今回のNOLEBO撮影会の様子を書いていただいてるので、
ぜひ一度ご覧になってくださいまし。

五比桐美憂『愛犬♡撮影』
こんばんわんだー\(❁´∀`❁)ノ今日は、お昼過ぎから夕方まで🌙Nolem様の「NOLEBO」の撮影に行ってきました(●´ω`●)みんながいっぱい❤ぽちぽち…

 





関連記事