toggle
2018-03-05

【神対応】MacBook Proの「液晶のコーディング剥がれの修理」でAppleに電話した結果

Appleのイメージ

 

映像クリエイターをはじめ、
世の中のクリエイターにとって必需品なPC。

 

これがないと仕事にならないっすよね。

 

で。俺はかれこれMacbook Pro(Retina,13-inch,Mid2014)をサブ機として3年ほど使用しているんですけど、ここ一年ほどず〜っと気になっていたことがあったんです。

 

それがコレ。

 

 

MacBookの縁の部分に
何故かよく分からないけど、
突如として現れた謎のシミ。

 

「ん?こんな所を汚すような事したっけな?」と思って、
手元にあったタオルでササっと吹いてみても全く落ちない。。。

 

「え?ウソやん。」

 

と思ったんですが、画面にまで侵食してないし「まぁええか」と思い放置していたんですが、徐々にそのシミが広がっていってるので、流石にマズイと思い、スマホ修理業者の友人に聞いてみた所。。。

 

「液晶のコーディングの剥がれ」が原因との事。

 

なんだ?

 

その「液晶のコーディングの剥がれ」って。

 

と思い、色々とググってみると。自分と同じように「Macbook Pro」のRetinaディスプレイのユーザーにそういう問題が度々報告されてるそう。

 

しかも。当の俺に至っては、Apple Careの保証期間も切れてるという事態。。。

 

ヤバイ。。。

 

さらに、その友人に「非正規業者に修理したらどうなるの?正規の修理よりも安く済む?」って聞くと、「できないことはないけど、キレイに治るか保証できないし、普通に費用は5万円以上はかかると思う」と返答が来てがっくり。。。

 

ただ「もしかしたらAppleに連絡してみたら無料で対応してくれるかも」との情報をもらったので、予想外の出費を抑えたい俺は、速攻でAppleのサポートセンターに電話をしたのです。

 

とりあえず、まずは「Appleサポートセンター」への問い合わせの方法について

さて。そんなこんなでAppleにコンタクトを取ったわけですが、
その方法が少しだけ特殊だったので、一応説明しておきます。

 

 

まずはAppleのサイトへ飛び、
トップメニューの「サポート」をクリック。

 

 

次にトップメニューの少し下にある「お問い合わせ」をクリックする。

 

 

次に「Appleサポートに問い合わせる」をクリックし、次に「Mac」と選択。

 

 

次に「ハードウェアの問題」をクリックし、次に「今すぐアドバイザーと話がしたい」を選択。

 

 

最後に「シリアル番号を入力する」の部分を埋めると、すぐにAppleのサポートセンターのスタッフさんから電話がくるという流れで、自分はコンタクトをとりました。(シリアル番号は、ディスプレイ左上の「Appleのロゴ」から「このMacについて」を選択すると確認することができる。)

 

▼Apple(日本)

https://www.apple.com/jp/

 

めちゃくちゃ親切な対応で涙

 

そんなこんなで、ようやく電話をかけることができたアタイ。

 

ドキドキして聞いていると。

 

Appleサポートセンターのお兄さんは驚くほどの低姿勢で「その問題に関しては、私どものミスです。すんまへん!ほんまに勘弁しておくんなはれ!」とのことで、なんとApple Careうんぬんではなく、無料で修理してくれるとの事!!!

 

(マジか。Apple神ですやん。お兄さん、天使ですやん。)

 

Appleのサポートセンターのお兄さんが、続けて「現在のその修理の依頼が多く、ディスプレイの入荷が一ヶ月後になるのですが、それでもよろしいでしょうか?」と言ってきたので、「待ちます待ちます!一ヶ月でも二ヶ月でも!」といった流れで、電話が終わりやした。

 

(やっぱりこの問題での修理が多いみたい。)

 

電話の所要時間は約15分ほど。

 

1ヶ月待ちと言えど、
マジで無料対応してくれるとは。

 

めちゃくちゃスムーズに対応してくれた、
Appleサポートセンターのお兄さんにも幸あれ。

「配達」も簡単で、「修理」も素早い好対応

それから一ヶ月が経って、
改めてAppleに電話をかけ修理を出すことに。

 

Appleに修理を出す方法は以下の2通りがあるらしい。

・近くのApple Storeに持っていく

・Appleが派遣するヤマト運輸のスタッフに預ける

 

この中で、自分は下の「Appleが派遣するヤマト運輸のスタッフに預ける」を選択する事に。近くのApple Storeに持って行ってもいいんですけど、Apple側が対応できる日にちが結構先だったので断念することに。笑

 

そして、電話して2日後にはヤマト運輸のスタッフさんが取りに来てくれて、さらに預けて3~4日ほどで、預けてたMacBookくんが帰って来やした。

 

 

その名も「パソコン宅急便」。

めちゃくちゃ丁寧に、文字通り「箱入り」パソコンとして戻って来た。笑

 

 

中を開けると、まるで新品の商品が届いたかのような扱いでびっくり。普通に手に取るのワクワクしていた自分がいた。さすがApple。抜け目がない。

 

 

ぱかっとMacBookを開けてみると、
めちゃくちゃ男前になって帰って来たアタイのMacBookくん。

 

ヤマト運輸に預けてからの、修理も一週間くらいかかるかなと思ってたけど、思っていたよりも早くて安心。

 

ちなみに、修理で預けてる間はメインPCのiMacだけで対応しておりました。ただ使用できる場所が限られるので、サブ機がないのは中々辛かったな。。やっぱり細かな作業はノートPCに限る。

とまぁ、そんなこんなでMacBook Proのコーディングの剥がれは、Appleさんが基本的には(おそらく)無料で修理してくれるのでご安心あれ。同じような問題に悩んでる人は、この記事を参考に修理までの手続きをしてもらえればと思います。

 

以上!ハジメでございました!

 





関連記事