toggle
2018-07-25

「出来る事だけをやる。出来ない事は人に任せる。」だけじゃなくて・・・

 

どうも。あなたの街の映像作家の門井建です。

最近、なんだかんだ忙しくさせてもらっていまして、中々ブログをポチポチ出来る時間を持てなかったので、約1ヶ月ぶりの記事投稿になります。(ちなみに、この写真に特に意味はありません。笑)

 

お久しぶりです!笑

 

で。いきなりですが今回のこのテーマ。

『「出来る事だけをやる。出来ない事は人に任せる。」だけじゃなくて・・・』というのは、映像に関する色々な仕事をやらせてもらってる中で、最近自分自身が気付いた事なんです。

 

今までの自分は「出来る事だけをやればいい。出来ない事は人に任せればいい。」って思って、自分の仕事だけに集中していたんですが、それも中々難しいなと思いはじめたんです。笑

 

理由は

「出来る事って意外と多いな」って事に気付いたからです!笑

 

ずっと「俺は何も出来ない人間」と思っていたから、出来る事はごく少数。そもそも出来る事なんか少ないし「それくらいは全部出来るっしょ!」って感じで、その言葉を座右の銘にして活動していたんだけど、やり始めると「努力すれば出来るな」って事がめちゃくちゃ多いんですよ。

 

例えば、このブログの開設だってそう。元々は「無料ブログ以外で自分のサイトやブログを持つ事なんか、プロに頼まんと無理やろ」って思っていたんですが、色々と調べたり友達からアドバイスもらったりしている内に「俺にも出来そう」って思って、作ってしまった訳です。ど素人の自分にとっては中々苦労したけど。笑

 

自分のそういうプロセスがダメだって言いたい訳じゃなくて、むしろ「よくやった」と自分自身を褒めてあげたい気持ちなんだけど、ほどほどにしないといけないなと。笑

 

理由は、、、

本当にやりたい事が疎かになってしまう危険性があるからです。

 

「アレもコレも出来るから、全部自分でやっちゃう」ってなると、一つ一つの質は確実に落ちてくるんですよね。人一人のエネルギーやバイタリティーには限度があるし、時間も有限なので。

 

映像制作で例えるならば「ある映像を制作する時に、映像冒頭のタイトルにオリジナルのグラフィックが必要になったから、一からイラレを勉強する」となると、時間もかかるし、そんな一朝一夕で出来るほど簡単なもんじゃないよね。

 

それだったら、デザインに情熱を燃やしているクリエイターさんにお願いする方が確実に早いし、良い作品が出来上がるに決まってますよね。

 

もしかしたら、それも頑張れば出来ちゃうかもしれないけど「あれ?俺デザインやりたい訳じゃないんやけど何やってんの。」って事態になる可能性大ですよね。笑

 

それだったら、デザインは人に任せて、大好きなモノにコミットする時間をかけた方が確実に良いモノが出来るに決まってるんですよね。そういう判断を迷わない為にも「自分が何をしたくて、どうしたいのか」はある程度でも明確に持っておいた方がいいなと。

 

だから「出来ることだけをやる。出来ない事は人に任せる。」

だけじゃなくて、「やりたい事にコミットする為に、時には自分で出来ることも人に任せる」って事も必要だなと。

 

予算がカツカツなら、自分でやっちゃうしかないけど、ある程度予算に余裕があれば、そこに資金を投下するのはマストですね!

 

ええ勉強になったので、備忘録もかねてアナタにお伝えしておきました!笑

お付き合いありがとうございました〜!

 





関連記事